ホワイトニングで気を付けること

ホワイトニングをする際は飲食に注意

ホワイトニングをする際にまず注意しなければならないことは飲食です。ホワイトニングには歯科などに行って専門家に施術してもらうオフィスホワイトニングと自宅で自分の手で行うホームホワイトニングがありますが、どちらの場合も注意しなければなりません。特にホームホワイトニングの場合は自宅にいるため、あまり意識せずに飲食してしまうこともあるので注意しましょう。
まずホワイトニングをした後1時間程度は、何も飲食してはいけません。そして、その後もホワイトニングを続けている期間中は着色性の強い飲食物は控えたほうが良いです。コーヒー、カレー、キムチなどはできるだけ控えるようにしましょう。そのほうがホワイトニングの効果をより得ることができます。

日常生活で注意すること

ホワイトニングの効果を最大限引き出すために、食事の他にもいくつか注意することがあります。まずは喫煙。喫煙は歯が黄ばんでしまう効果があるのでホワイトニングの敵です。ホワイトニングの施術期間中は控えるようにしましょう。ホワイトニングをしているときでなくても、歯を白く保ちたければ喫煙を控えることをお勧めします。
次に口紅の使用にも注意が必要です。口紅を控えるべきだとまでは言いませんが、口紅が歯についてしまうともちろん色素がつきます。直接的に着色してしまうことになるのであまり良くありません。
また、ホワイトニングで得た歯の白さを維持するために、日々しっかりと歯磨きすることは必須です。面倒くさがらずに丁寧に磨きましょう。