これで真っ白!ホワイトニングで成功するコツ

ホワイトニング期間中の飲食に注意

まず、ホワイトニングをした後30分~1時間程度は飲食物を控えなければなりません。せっかくホワイトニングをしても、直後に飲食をしてしまうと効果が薄れてしまうので注意が必要です。オフィスホワイトニングの施術を受ける際は担当の専門家に注意されますが、ホームホワイトニングの場合はうっかり飲食をしてしまうことがあるので気をつけましょう。
また、ホワイトニングの直後でなくてもホワイトニングをしている期間中は飲食物に注意しなければなりません。着色性の強い飲食物を取ってしまうと効果が最大限に発揮できなくなります。着色性の強い飲み物としては、コーヒー、紅茶、赤ワインなどが挙げられます。着色性の強い食べ物にはカレー、キムチ、チョコなどがあります。この他にも合成着色料を含む飲食物の摂取はできるだけ控えたほうが良いでしょう。

ホワイトニング後に飲食以外で注意すること

ホワイトニングをして白くなった歯を保つためには、やはり普段からしっかりと歯磨きをすることが重要です。その際、色付き歯磨き粉を使用するのは逆効果になるのでやめましょう。
オフィスホワイトニングの場合は1回の施術で白さを実感できますが、数回行うことで白さを持続できます。年に1回程度の間隔で施術すると効果的です。ホームホワイトニングの場合は1回ではなかなか効果を実感できませんが、2週間程度続けると白くなってきたと感じることができます。さらに続けていると日に日に白さが増していきます。またホームホワイトニングの際に使用したジェルはきちんとキャップを閉め、保存方法を守って保存しましょう。使用期限は約1年なので、使用の際は期限切れでないか確認することも重要です。